Loading

厄年表

厄除け

 人生には自分の力ではどうにもできない運気の浮き沈みがたくさんあります。その運気の変化で重要なもののひとつが「厄年」です。厄年には昔から「何か良くないこと、災いがある」「気をつけたほうがいいよ」と言った警戒する言葉があります。厄年にはなにか災いが振りかかるといわれています。

厄年の前の年を前厄(まえやく)、後の年を後厄(あとやく)といいます。とくに男性の42歳は「死に」、女性の33歳は「散々(さんざん)」という語呂合わせで、大厄(たいやく)といわれています。厄年は数え年で行います。

厄年を迎えると、神さまにお守りいただいて、災難が自分の身に振りかからないように、神社にお参りして、厄祓(やくばらい)をするとよいでしょう。

厄年の頃は、ちょうど身体の変わるときだったり、社会環境の変わり目の時期だったりして、体調を崩しやすいときでもあります。普段よりも健康に気を使い、かといってあまり神経質にならないで、気持ちを落ち着かせて過ごすことが大切でしょう。

平成29年  厄年年齢早見表

厄 年

平成15年生

15
平成5年生

25
昭和55年生

38
昭和52年生

前厄
41
昭和51年生

大厄
42
昭和50年生

後厄
43
昭和45年生

48
昭和35年生

58
昭和31年生

62
男性

平成17年生

13
平成11年生

19
平成3年生

27
昭和61年生

前厄
32
昭和60年生

大厄
33
昭和59年生

後厄
34
昭和56年生

37
昭46年生

47
昭和30年生

63
女性

詳しい月ごとの運勢をお知りになりたい方は社頭にて郷土歴をお求めください(初穂料500円)。

八方除け

 八方除け(はっぽうよけ)というのは、地相・家相・方位・日柄などからくるあらゆる災いを除くご祈願のことです。

たとえば、人の住居というのは、古くから南向きの陽当たりの良い場所に建てられるなど、昔の人の知恵によって快適にする方法がありました。しかし、現代社会では、住宅を建てるときに地相や家相を考えてばかりもいられない状況があります。家相(家の構造や位置や方角など)がよくないと災いが振りかかることがあるといわれています。同じように方位、日や月にもその人に良いもの悪いものがあると考えられています。

私たちの日常生活には移転や旅行など、それを破って過ごしていく場面が多くあります。

このようなときに、災いを除き、健康で明るい日々を送れるようにお祈りするのが 八方除けのご祈願です。

長寿のお祝い
還暦 61 昭和 32 年
生まれ
古稀 70 昭和 23 年
生まれ
喜寿 77 昭和 16 年
生まれ
米寿 88 昭和 5 年
生まれ
卒寿 90 昭和 3 年
生まれ

八方塞がり年
昭和 2 年
生まれ
昭和 11 年
生まれ
昭和 20 年
生まれ
昭和 29 年
生まれ
昭和 38 年
生まれ
昭和 47 年
生まれ
昭和 56 年
生まれ
平成 2 年
生まれ
平成 11 年
生まれ
平成 20 年
生まれ

PAGE TOP