1. HOME
  2. 4-1 七五三

立派に成長したお子さまの姿に胸が熱くなる。
幼さが残る、あどけない笑顔はきっと今だけのベストショットがあります。
七五三でしか残せない最高の時間を 七五三のスタイルで♪

七五三とは

七五三詣は、三歳の男の子女の子、五歳の男の子、七歳の女の子が、親子揃って神社に参拝し、子供の成長を神様に感謝し、これからのさらなる成長をお祈りする古くからの伝統行事です。
七五三の意味
三歳の男の子女の子は紙を髪を伸ばし始める「髪置き」五歳の男の子は、初めて袴をつける「袴着」
七歳の女の子はそれまでの紐に代わり、帯を使い始める「帯解」という儀式が現在の七五三として定着しました。
一般的には11月15日が七五三詣の日になっておりますが、岩手では寒くなる前の10月から11月にかけて行う場合が多くなっております。

Photo Gallery

七五三フォトギャラリー

衣装・写真・お祓いがセットになった
七五三セットがおすすめ!

「完全予約制」盛岡八幡宮の七五三セット

盛岡八幡宮では、衣装、写真、お祓いがセットになった、七五三セットをおすすめしております。
もし雨の日でも、一カ所屋内で行えます。
また、兄弟で行う「兄弟セット」や、多彩なプランもご用意しております。

七五三セットの詳細を見る

七五三セットのご予約

七五三のご祈祷のみのご案内

「衣装をお持ちの方や写真が不要、ご祈祷だけのご希望の方」

七五三セットではなく、ご祈祷だけご希望の方もいらっしゃると思います。
もちろん、ご祈祷だけでも大丈夫です。
ご祈祷料はお子様お一人の場合1万円をお納めいただいております。
ご兄弟がいらっしゃる場合はお子様お一人追加でプラス3千円お納めいいただいております。
(ご兄弟お二人の場合、お二人で1万3千円となります。)
ご祈祷のご予約

碁盤の儀

当宮では日本の皇室の儀式に習って、七五三のお子様に右手に扇、左手に山橘を持ち,碁盤の上から南の方角へ飛び降りる「碁盤の儀」を行ってもらっております。
碁盤の目のように「筋目正しく育つ」「ひとり立ちする」「運を自分で開く」との願いが込められています。