1. HOME
  2. お宮の一生もち

お子様が初めて誕生日を迎える時にご家庭で行うお祝いの行事を「一升餅」といい、現在も受け継がれている伝統行事です。この行事は、お子様に「一升」のお餅を背負わせることで「一生食べ物に困りませんように」、「丸い」お餅から「一生円満に生きられますように」という願いが込められたものです。また、お餅にはたくさんのお米から作られその米には、人間の生命の源となる稲穂の神様のお力がこもっています。その力がたくさんこもって出来たお餅は、力餅とも言われます。このお餅を背負うことによって稲穂の神様からのお力をたくさんいただき、元気で健やかに成長しますようにという願いも込められています。